男性の更年期障害は意外にサプリで改善できる

手の血管を治すには

ハンド

人前で手を見せるのが苦手

人前で手を見せるのが苦手という人の中には、手の甲や腕の血管が浮き出ていることが気になっているという人もいるでしょう。あまりにも浮き出ている為、人が驚いてしまうのではないかと見せるのを躊躇ってしまう人もいるようです。そのような症状はハンドベインというものかもしれません。ハンドベインとは、皮膚表面に血管が浮き出てしまっている状態のことを言います。その原因は様々であり、体質や遺伝なども考えられます。また、生活環境にも大きく影響されますし、加齢によるものが挙げられるでしょう。加齢による原因としては血管の弾力がなくなることで、血管が拡張されることにより太くなるのです。太くなった血管が手や腕の皮膚表面に浮き出てしまうのです。

レーザー治療法

ハンドベインの治療法には、レーザーを使用することが多いようです。注射による麻酔を使用せず、クーリングを行いながら体外式レーザーで血管を照射していきます。両手で約30分の治療時間で終わるようです。レーザーを使用することによって、手の甲に浮き出た血管を目立ちにくくしてくれる効果があります。治療後は日常生活に制限はなく、帰宅後すぐに家事をすることも可能です。ただし、その日は入浴はせず、シャワーのみを使用するようにしましょう。ハンドベインの治療をする前にはしっかりカウンセリングを行い、どの範囲で行うのかを医師と共に相談して決めていきます。治療費はあまり安いとは言えませんので、この段階でどうするのかをしっかり決める必要があります。